出会系詐欺サクラの口コミ・評判なら詐欺対策室

  1. TOP
  2. 詐欺サイト・アプリ一覧

パラソル(AMBAM WEB DESIGN SERVICES)

当弁護士事務所やWEBサイトに相談連絡があり、詐欺業者サイト(アプリ)の疑いがある「パラソル」の情報を、来訪された方やユーザーの皆様の口コミ情報を元にまとめました。

「パラソル」の運営会社や特徴、弁護士法人の視点からみた利用規約のチェックポイント、このサービスにいるサクラの情報、迷惑メールや詐欺誘導メール、騙されたかな?と思った時の対処方法について教えます。

 

目次

詳細情報

サイト名
パラソル
サイトURL
http://51parasol.com/
運営会社
AMBAM WEB DESIGN SERVICES
会社所在地
SALCED,BANSUD ORIENTAL MINDORO,REGION 4-B(MIMAROPA)
電話番号
+63-90-8776-0467
メールアドレス
info@51parasol.com

AMBAM WEB DESIGN SERVICESが運営する【パラソル】は支援詐欺やサクラ詐欺を行っている悪質出会い系サイトです。

メロン→プチラブ→メレンゲと何度もサイト名を変えています。詐欺サイトの噂が広まってきたら名前を変えるという事を繰り返しているようです。

他の優良サイトからの誘導が多いとの声をたくさんいただいております。

サイト運営会社はフィリピンで、アシがつかないようにしています。またサイトからの退会もできません。

連絡先交換の為にポイントを購入しても交換できない仕組みになっており、ポイント代金が無くなると消費者金融等に借入するよう指示されます。

 

1pt=10円

  • メールを読む 10pt
  • メールを送る 10pt
  • プロフィール閲覧 無料
  • プロフィール変更 5pt
  • 写真閲覧 5pt
  • 写真変更 5pt
  • 画像添付 5pt
  • 添付画像閲覧 5pt
  • アピールページ閲覧 無料
  • アピールページ添付 無料
   

利用規約チェックポイント

■第5条 サイト概要

当サイトはメールでのコミュニケーションを楽しむものであり、異性もしくは同姓との出会いを斡旋及び保証するものではありません。

■第7条 禁止事項

※会員間で金銭をやり取りする行為。

・個人情報の公開、もしくは個人を特定できるような利用

■第14条 準拠法

本規約には、日本国憲法が適用されるものとします。

■第15条 管轄裁判所

本サービスに関連する一切の争訟については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所と致します。

■第17条 NGワードの説明

当サイトでは会員様のセキュリティをお守りする為、当サイトにてNGワードと定めた語句が含まれていた場合、お相手にお送りすることは出来ません

NGワードが設定されている為、お相手が見つかっても個人情報の交換ができない事が推測されます。あくまでもサイト内でコミュニケーションのみを楽しむサイト。

   

サクラユーザー口コミ

■もしほかにサクラを見つけたらご報告下さい■

サクラを見つけたから報告する

   

詐欺誘導方法や迷惑メール口コミ

  • mixiで彩香という女性に話かけられパラソルに誘導されました。

    mixiで彩香という女性に話かけられ、やり取りをしていたところ、使用している携帯電話が元彼の物なので、返さなければならない。こっちのSNSでやり取りしようと誘導されたのが、パラソルでした。出会い系サイトだとは気付きませんでした。

    連絡先交換の為に、1万円、2万円、3万円、5万円と請求され、支払を続けましたが、一向に連絡先交換ができない為調べてみたら詐欺サイトでした。

■もしほかに詐欺サービスを見つけたらご報告下さい■

詐欺誘導の口コミを投稿する

   

ダマされた!?と思ったら

詐欺で騙し取られたお金は、弁護士へと依頼すれば被害から10年以内なら取り戻せます

Duelパートナー法律事務所では、相談料・着手金ともに無料で、お金を取り戻すことに成功してはじめて手数料をいただきます。手数料は被害額の30%-35%と決まっています。

つまり、相談して取り戻せなかったら無料、取り戻せた場合も戻ってきたお金の一部をお支払いいただくことになるので、まったくのノーリスク・費用なしでお金を取り戻すことが出来ます。

【注意】調査依頼先が、出会い系詐欺業者とグルの事例が増えています

「出会い系 詐欺」などで検索すると、多くのWEBサイトがヒットします。その中には、詐欺被害者から「相談料」という名目でさらにお金を騙し取る悪質な業者も多数存在しています。

相談を受付けている中で悪質な業者には、「探偵社」「調査会社」「社団法人」「警察OB」などと書かれており、最終的に「弁護士と連携して進めます」と記載されています。なぜなら、認定を受けていない司法書士や行政書士ではそもそも返金請求する為の代理権がなく、弁護士でなければ詐欺被害案件を請け負えないのです。

よく考えれば、最初から「弁護士」に頼めば話が早いわけで、普通の弁護士法人であれば、当事務所のように相談料や調査料はいただいておりません。

お金を取り戻して初めてお金がかかる「成果報酬」ではなく、相談料や調査料をとる業者にはお気をつけ下さい。

無料でお気軽にご相談下さい

被害にあわれた場合は、弁護士への無料相談をまずご利用下さい。当事務所では365日24時間対応しております。

【必見】オススメの記事