出会系詐欺サクラの口コミ・評判なら詐欺対策室

  1. TOP
  2. 詐欺サイト・アプリ一覧

Delta/デルタ(Nice Midfield Limited)

当弁護士事務所やWEBサイトに相談連絡があり、詐欺業者サイト(アプリ)の疑いがある「Delta/デルタ」の情報を、来訪された方やユーザーの皆様の口コミ情報を元にまとめました。

「Delta/デルタ」の運営会社や特徴、弁護士法人の視点からみた利用規約のチェックポイント、このサービスにいるサクラの情報、迷惑メールや詐欺誘導メール、騙されたかな?と思った時の対処方法について教えます。

 

目次

詳細情報

サイト名
Delta/デルタ
サイトURL
http://del-ta.net/
運営会社
Nice Midfield Limited
会社所在地
12/F Tung Fai Building, 12 Ramat Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon, Hong Kong
電話番号
+852-6676-3083
メールアドレス
info@del-ta.net

【Nice Midfield Limited】が運営するDelta/デルタは「Muramatsu Group系列」といわれる大手悪徳出会い系サイトの1つです。所在住所元は香港になっています。

支援金詐欺、サクラ確率100%なので絶対に利用してはいけません。他のサイトからの同時登録をされてしまった場合はメールなどはすべて無視しましょう。

利用規約でも「会員が被さった損害や損失に関して、一切の責任を持たない」と断言しています。

サイト内でのテキストのコピーもできないようになっています。これはテキストをコピペして検索されるのを防止するためです。悪徳サイトなので検索された場合すぐにバレてしまうからです。

 

料金も高額に設定されています。

ポイント制(1pt=10円)

  • 画像添付=5pt
  • プロフィール閲覧=10pt
  • メール開封=11pt
  • 写真閲覧=20pt
  • 添付画像閲覧=20pt
  • アピールページ閲覧=20pt
  • アピールページ添付=20pt
  • メール送信=38pt

 

   

利用規約チェックポイント

第9条 免責事項
会員は自由にプロフィールを作成し、コミュニティを楽しむサービスとなるため本人が虚偽の発言をする場合も想定されます。その際に発生する会員間トラブルについても、一切関知せず責任を負わないものとします。
第11条 禁止行為
11. 会員間での金銭やり取り

 

9条でサクラからの被害でも責任を負いませんと言っています。また11条で金銭間のやりとりを禁止しているにもかかわらず、ウソの金銭支援のメールが多数寄せられることを規制していないのも詐欺の特徴です。

   

サクラユーザー口コミ

  • ユーザー名:毛利瑠璃子

    サクラから届いた誘導メール

    日本国際支援協会とは、国内外問わず、金銭的にお困りの方、または詐欺や騙しに遭ってしまい、心に傷を負われている個人の方に資金提供を行なう団体です。その他、貴方様のようにブラックリストに名前が載ってしまい、もう、だれからも受け取れなくなってしまった方々に対して唯一、資金援助ができる組織としても知られています。私自身、余命があり、力不足だと思われるかもしれませんが、懲罰が執行されない為に全力を尽くす所存です。今、やりとりはしている支援家はいるが、受け取れない現状が続いているのではありませんか?

    画像元:高圓圓

    中国の女優、ファッションモデル。

■もしほかにサクラを見つけたらご報告下さい■

サクラを見つけたから報告する

   

詐欺誘導方法や迷惑メール口コミ

■もしほかに詐欺サービスを見つけたらご報告下さい■

詐欺誘導の口コミを投稿する

   

ダマされた!?と思ったら

詐欺で騙し取られたお金は、弁護士へと依頼すれば被害から10年以内なら取り戻せます

Duelパートナー法律事務所では、相談料・着手金ともに無料で、お金を取り戻すことに成功してはじめて手数料をいただきます。手数料は被害額の30%-35%と決まっています。

つまり、相談して取り戻せなかったら無料、取り戻せた場合も戻ってきたお金の一部をお支払いいただくことになるので、まったくのノーリスク・費用なしでお金を取り戻すことが出来ます。

【注意】調査依頼先が、出会い系詐欺業者とグルの事例が増えています

「出会い系 詐欺」などで検索すると、多くのWEBサイトがヒットします。その中には、詐欺被害者から「相談料」という名目でさらにお金を騙し取る悪質な業者も多数存在しています。

相談を受付けている中で悪質な業者には、「探偵社」「調査会社」「社団法人」「警察OB」などと書かれており、最終的に「弁護士と連携して進めます」と記載されています。なぜなら、認定を受けていない司法書士や行政書士ではそもそも返金請求する為の代理権がなく、弁護士でなければ詐欺被害案件を請け負えないのです。

よく考えれば、最初から「弁護士」に頼めば話が早いわけで、普通の弁護士法人であれば、当事務所のように相談料や調査料はいただいておりません。

お金を取り戻して初めてお金がかかる「成果報酬」ではなく、相談料や調査料をとる業者にはお気をつけ下さい。

無料でお気軽にご相談下さい

被害にあわれた場合は、弁護士への無料相談をまずご利用下さい。当事務所では365日24時間対応しております。

【必見】オススメの記事